スタッフ3号
ご無沙汰してます、3号です。


くれよん誌面でもお知らせしておりますが、
9月にくれよん春日井版が誕生しますっ祝
一宮の一部地域から始まったくれよん。
その後配布エリアは22号線を越えて一宮全域になり、
稲沢北部、江南西部へと広がり、
遂に春日井版を創刊することになりました!
それもこれもくれよんを愛してくださるみなさんのおかげです!
ありがとうございます!!
8月号のプレゼント祭りのおはがき&メールでいただいたたっぷりのメッセージに
みなさんの愛を感じ、スタッフ一同気合いが入りましたどんっパンチ
「プレゼントが届いたよ」とFAXを送ってくださった読者さんもみえて…
素敵な読者さんに恵まれてくれよんは幸せです!!ポロリ
欲ばりなくれよんは、
もっともっとたくさんの人ととの素敵な出会いを求めて、
春日井版を創刊します。
一宮・稲沢・江南版の読者さんも、
春日井版に出会ったら是非お手にとってかわいがってやってくださいね。


その春日井版には、
新キャラクターがページのあちこちに登場します。
先日3号・4号・5号でそのキャラクター作りをしましたのでご報告しますね。


7月某日。
猛暑の中5号の部屋に集まった3人は、
まずタコヤキで腹ごしらえをして、
お茶を飲んでしばし休憩…もう休憩…。


「いかん!やるぞ!」と、
食べ物を片付け、
まず材料を並べてみました↓

羊毛フェルトと道具。


作るキャラクターと担当は、
1.一宮・稲沢・江南版でもお馴染みの「くれよんちゃん」 担当:3号
2.春日井にちなんで「春ちゃん」 担当:5号
3.くれよんちゃんと春ちゃんのあとをくっついて歩く「あひるちゃん」 担当:4号


なんせだれも羊毛フェルトなんて触ったことすらないので、
ネットの情報だけが頼りです。
「腕とか脚とか動かせるようにしたいよねー」
「表情変えれるようにしたいよねー」






…沈黙






…で? 何から始めればいいの?…






また休憩…。





「とりあえず針金で芯つくって羊毛フェルトを巻いてみよっか」と巻いてみました↓

「ぽくない? ぽくない?! くれよんちゃんじゃーん!」
(ちょっと怖いですね…)
全体像が見えてきたら、こっちのっもの!
ここからひたすら巻いたり、フェルトをからめるために針で刺したり。
集中しすぎて無言になる3号&5号。
それに反して、途中で飽きちゃったのかなー、
電子ピアノに逃げて「涙そうそう」を弾き始める4号…。


そんなこんなで日も暮れて、
なんとかマスコット完成!↓



手作り感たっぷりですが…なかなかかわいいですよね?!
3人の愛情をたっぷり受けて生まれたこの3匹が、
春日井版の誌面をかけめぐります!
乞うご期待!!
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL